conveyerofcool:

Cool Photography: Elena Kalis | Underwater

The work of underwater photographer Elena Kalis. Check more of her fascinating works here.

Conveyer Of Cool “Stay COOL” Tumblr | Twitter

rrukk:

organicbody: Hevajra (detail) (source: himalayanart.org)

rrukk:

organicbodyHevajra (detail) (source: himalayanart.org)

megazal:

(via 有喵的生活)
ota-pdg:

nemoi:

fuwafuwaawa-:

hizaura:

via g-ec2.images-amazon.com
(via pjmix)
“261 :彼氏いない歴774年:2013/04/28(日) 23:43:52.47 ID:Kv6SNL6G
コンビニで幼児と父親

父親「このチョコは?」
幼児「んーん(首をふる)」
父親「これは?」
幼児「んーん」
店員さん(20歳前後の男性)「何かお探しですか?」
父親「すみません、ほかにチョコありますか?」
店員さん「大袋のチョコなら、裏の棚の下段にもありますが」
幼児「ちゅみまちぇん、種の入ってないトコくだちゃい」
店員さん「え?たね?何が入ってないチョコですか〜?」
幼児がアーモンドチョコのパッケージの、アーモンドを指差して
幼児「たね!」
店員さん「た・・・(吹き出すのをこらえる)」
父親「(ハッとした顔で)お前、だからチョコを庭に埋めてたのか・・・・・!」
店員さん「ぶふぉ」
父親「(呆然と)チョコの墓作ってるのかと思った」
店員さん「ぐふぉ!ぶはっ!!・・・失礼しました、板チョコで良いですか?」
幼児「種のはいってないトコくだちゃい」
店員さん「ンふふふふ・・・・はい、これとこれですね〜」
幼児「あんまとごじゃます!」

大真面目な幼児と、優しそうな店員さんと、まだ呆然としている父親が可愛かった”
“プロボクサーになったきっかけは具志堅用高を倒すためだったが、入門した協栄ジムにはその具志堅がいた。同一ジムに所属する選手との対戦は行われないため「打倒・具志堅」の目的は果たせなかったものの、入門後は具志堅や彼の対戦相手のスパーリングパートナーを積極的に務めた。これが後に渡嘉敷が世界王者となるきっかけにつながったと評価するファンも多い。なお、具志堅との初のスパーでは鼻骨を折られ、その夜は発熱するなど散々だったが、「こいつ根性あるよ。これからスパーリングパートナーに使おうよ」と、トレーナーに進言する具志堅の声を背中で聞きながら「逆だよ。これからお前(具志堅)が俺のパートナーじゃ。使うたるわい」と、心中で呟いていたという。奇しくも具志堅は2010年に渡嘉敷と同じ太田プロダクションに所属することとなり、渡嘉敷は太田プロでは先輩となった。”
curious-wiccan:

Norwegian forest cat chasing a fox

curious-wiccan:

Norwegian forest cat chasing a fox

(Source: nozominomi)

“僕がこの一年で学んだことは「仕事つら…死にたい」って思うより「全員殺す」って思ったほうがメンタル強くなるってことだけ”

(Source: jelee-)

lolzpicx:

Psychedelic cat

lolzpicx:

Psychedelic cat

(Source: setbabiesonfire)

“20歳を超えたら性格は直らない。もしかしたら自分は間違っているかも知れないという疑いや謙虚さを持っている方がいい。言葉は言葉通りに受け取らず、なぜそういう言い方をするのか、本音を読み取る。あの人とは気が合わないなと思ったら、好きになれるところまで離れるしかない by 早川義夫”